ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 3−2 ミキシング

 3-2 ミキシング

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理


 各トラックに演奏や歌を録音した後、最終的に音を右左の2トラック(ステレオの場合。。。最近は5.1ch等いろいろ有ります)に、まとめる作業をミックスダウンといいます。そのミックスダウンの作業をすることをミキシングといいます。
 
 同じ録音した音源を使っても、ミキシングによって、その曲の仕上がりは大きく変わってきます。

 ミキシングには、こうしなければいけない。。。とか、こうでなければダメ!。。。とか、何というか、正解みたいなものはありません。。。この曲はベースをブンブン聞かせたいと思えば、必要以上にベースレベルを上げてミキシングしてもOKですし、ボーカルにリバーブをメチャクチャ掛けたい。。。と思えば、それはそれでOKです。
 要するに、その人その人の個性が大いに反映される作業です。

 ミキシング作業は、『音のバランス』『音の距離感』『音の広がり』の調整することが、その主たる作業と言えるかもしれません。
 これから簡単に説明してみようと思います。


■音のバランス

 これは、録音された各トラックの音量を調節するということです。
 一般的にはドラムとベースのレベルをまず決めることが大切です。ドラムやベースのリズム隊は、曲の基礎となるものですので、しっかりと聞かせていないと、曲に締まりが出てきません(^^;
 ドラム&ベースのレベルが決まったら、それを基本に、ギターやキーボードのレベルを設定していきます。 
 こうでなければいけない。。。という規則はありませんが、一般的にはリズム隊が一番、次にギターやキーボード(ピアノなど)を聞かせる設定にする。。。ストリングス等は、あまり全面に出さない方が聞きやすい曲の感じになります。そして最後にボーカルのレベルを決めます。


■音の距離感

 音のレベルを上げ下げしただけでは、表現できないことがあります。それは・・・遠くで聞こえる音や、近くで聞こえる音の区別です。
 音は・・・「近くの音はクッキリ」聞こえ、「遠くの音はぼんやり」と聞こえます。このクッキリとぼんやりを調整すれば、音に距離感(奥行き)が生まれてくるわけです。
 遠くのぼんやりとした音を作り出すには、高域の音をカットすると音がぼやけてきて、普通に出ている音より、引っ込んだ感じに聞こえてきます。
 例をあげれば、雷は近くに落ちたときには「ピカーッ!!バリバリ!!」と非常に高くクリアな音に対して・・・遠くに落ちたときには「ゴロゴロゴロ」とこもった低い音でなるのと同じことです。
 これらの作業は、低域、中域、高域、フィルター等のイコライザーを調整して行えます。イコライザーはMTRに内蔵されているものでも十分です(^^)
 しかし本格的にやるには、やはり別に単体のイコライザーを使うことをお勧めします。


■音の広がり

 音の広がりを出す為には、パン操作(音の聞こえてくる位置を左右に振り分ける)のはもちろんですが。。。それに加え、エフェクト処理としてリバーブを使います。リバーブとは音に残響音をつけるエフェクターです。
 普通に生活の場において、残響音のない世界。。。というのはありえません。
 特殊な部屋や場所でない限り・・・音は、必ず何らかに反響して響いています(^^;。その自然な聞こえ方の音の感じにするためにも、曲にリバーブ処理を行います。もちろん平面的な曲にする為に、まったくリバーブをかけないというのもアリです。
 遠くの音ほど、リバーブを深くかければ、より奥行きが表現できます。

 イコライザーリバーブを使うことにより、曲がより立体的に仕上げられます(^^)


←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright