ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 3−1 エフェクター

 3-1 エフェクター

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理


 エフェクターとは、音にいろんな効果(エフェクト)を与えるものです。録音時やミキシング時に大いに、エフェクターを活用することにより、より良い仕上がりの曲の完成が期待できます(^^)

 宅録に使用する基本的なエフェクターを簡単に説明していきます。


■リミッター

 音量の基準のレベルを決め、それより大きな音が入力されると、音量レベルが下げられる。。。というものです。
 音の変化が不自然にならないように、音の変化の開始をアタック、音の変化の終わりをリリースでコントロールします。


■コンプレッサー

 コンプレッサーはリミッターと同じく音量のコントロールに使われるエフェクターです。
 音の粒をそろえる。。。音圧を強調する。。。のに使われます。
 リミッターと同じく、基準レベルよりも大きな音は小さく、小さな音は大きくします。その為に音量を一定ににそろえることが出来ます。


■イコライザー

 音をいくつかの周波数域に分割して、それぞれの周波数域のレベルを、強めたりカットしたり。。。細かく調整出来るものです。
 カー・コンポやCDプレイヤー等でも、高音・中音・低音など調整できますが、あれは簡単なイコライザーです(^^)


■リバーブ

 リバーブは、音に響きを与えるエフェクターです。
 これがあれば、大ホールでの残響音や小さなライブハウスでの臨場感など簡単に再現できます。
 リバーブを使うことにより、曲に奥行きや臨場感が与えられます。レコーディングの最終処理には欠かせないエフェクトです。


■ディレイ

 ディレイは、音を遅れさせるエフェクトです。
 カラオケでエコーをかけて歌ったりしますが、あの効果です(^^;
 

■コーラス

 コーラスも良く使われるエフェクターです。
 大変短いディレイタイムの領域を使用して、ディレイタイムに周期的な揺れを与えてピッチが揺れるビブラートのかかったサウンドを作ります。
 この音を原音とミックスして複数の音源がなっているような効果が得られ音に厚みが出てきます。
 あまりコーラスを深くかけ過ぎると、使えない音になったりもしますが(^^;


←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright