ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 2−2 ボーカルの録音

 2-2 ボーカルの録音

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理


 ボーカルの録音には、前の章でも説明したコンデンサー・マイクを使うのが、ダイナミックレンジが広くとれ、より表情豊かな音で取れるのでお勧めです。。しかし何度も言いますが「このマイクでなければいけない!!」というわけでは決してありません。

 ボーカルを録る時に気をつけるのは、吹かれが入らないようにすることです。吹かれとは、「ボッ」というような、マイクに息があたって入るノイズのことです。
 これを避けるために「ポップ・フィルター」(金魚すくいの輪っかにストッキングを張ったようなもの)を、マイクの前にセッティングしたり。。。「ウインド・スクリーン」(良く見かける、マイクにかぶせるふわふわのスポンジみたいなもの(^^;)を使ったりします。

 マイクと口との距離は、一般的にコンデンサー・マイクでは20〜30cmダイナミック・マイクでは10〜20cmが大体の目安と言われてます。

 ボーカルの録音は、基本的にデッドな部屋で録るのが大切です。
 デッドな部屋とは、音を反響させない吸収するような部屋の事です。 
 極端に言えば、お風呂場のようなリバーブのかかる部屋でボーカルを録ると、後での修正がとってもやりにくくなるからです(^^;

 とは言っても・・・自宅ではデッド・ルームとかは、あまりないので、カーテンを閉めたり…なるべく音の反響を少なくするようにします。。。これは、ご近所さんへの音漏れ対策にもなります。。。(まぁ…気持ちの問題ですが(^^;)。
 スタジオを借りてボーカルを録るのもひとつの手です。

 またボーカル録音時には「コンプレッサー」や「リミッター」などのエフェクター(第3章で説明)・・・を使って、音量を安定させ、クッキリ録音することも大切です。

←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright