ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 2−1 MTRの基本操作

 2-1 MTRの基本的使用法

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理


 ここでは、「そもそもMTRってどうやって使うの?」という人の為に、MTRの基本的な使い方を、難しい言葉は使わずに、どんな人にも、なるべくわかりやすくなるように説明していきます

  MTRによって、操作に若干の違いがあると思いますが。。。とりあえず自分が使っている機種をつかって説明をしていきます。



 右横の写真見てみると。。。いかにも上下に動かしてください・・・という感じの長方形の白いツマミ(これを今後はフェイダーと呼びます )が16個。。。赤いフェイダーが1個。。。横1列に綺麗に並んでいるのがわかると思います。

 このフェイダーは、音量を調整するものです

 赤いフェイダーは、マスター・フェイダー(全体の音量調整)です。

 のこり16個の音量調整のできる白いフェイダーがあるということは…
 16個の音量を同時に調整できる・・・すなわち再生できますよ
 ・・・ということです。

 16個のそれぞれの音を、個々に再生&調整できる様になっているということは…
 そこには、それぞれ音が録音できますよ
 ・・・と言う事です(^^) 。

 すなわち・・・
 ひとつのフェイダーごとに、ひとつの録音スペースがあるのだと思ってください。

 この録音スペースのことをトラックと言います。

 すなわち、このMTRは、16個のフェイダー(録音再生スペース)があるので・・・
 16トラックのMTR
 と呼びます。

 16個の音を録音できて、16個の音を同時に再生できるので・・・、16トラックのMTRは、16個の音を多重録音できるということです。
 (実際には、このデジタルMTRには、1トラックごとに8個のバーチャルトラックと言うものがあります。16トラックあるので、16X8で128トラックの録音ができます。)

 (さらに…実際には16トラックの音を2トラックにまとめて録音できるバウンス録音(カセットMTRでいうところのピンポン録音)ができますので、バーチャルトラックも含めバウンス録音をやっていけば、ほとんど無限に近く音を重ねていくことが出来ます。)
(デジタルMTRでのバウンス録音は、カセットMTRのピンポン録音とは違い、何度やっても音が劣化することはありません。)



 ここまで、少し回りくどい説明(^^;をしてきたので。。。ちょっと頭がこんがらがってきた方の為に、具体的例をあげ超初歩的に、これから説明しています(^^)

←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright