ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME>2-1MTRの基本操作>2-1-3ライティング処理

 2−1MTRの基本操作

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 2−1−3 ライティング処理

 最終的には・・・1、2トラックにミックス・ダウンした曲を、今度は、MTRに内蔵されたCD-RWドライブで、CD-Rに焼きこんで音楽CDを作ります。
 これで、MTRで作った曲が、普通のCDプレイヤーでも、聴けるようになる。。。という訳です(^^)

 このMTRは、1トラックと2トラックに録音されている音しかCD-Rに焼きこめません。。。1と2トラックに最終ミックスするのはその為でもあります(^^)

 とりあえず・・・おおまかな、基本的なMTRの使用方法は、こんなかんじです(^^)


 デジタルMTRは、HD(ハードディスク)に、録音したデーターを書き込んでいきます。。。HDがいっぱいになって書き込めなくなったらどうするの?と思う方がいるかもしれませんが。。。心配は要りません(^^)  各楽曲ごとにバック・アップ・データがちゃんと取れるようになっております。バックアップデーターはCD-Rに焼きこむことも、パソコンに保存することも出来ますが、CD-Rに焼いて保存しておくのが簡単で整理がしやすいと思います(^^)  

 バックアップをとった曲データ(各トラックの録音した音、エフェクト設定等、その曲すべてのデーター)を消去すれば、HDディスクの空きはできるわけです(^^)
 このMTRでは、最大40GBのHDが搭載できるので、録音にはそうとうの余裕があります。最長124時間の長時間録音が可能です。(16bit、1トラック使用時)
 バックアップしたデーターは簡単に、再度MTRに読み込むことが出来るので、何度でも修正は可能です(^^)

 

 MTRの基本的な操作を、長々と書いていきましたが・・・文章で読んで理解しようとしても、まったく初めての方には、ちょっと解りにくいかもしれません(^^;
 実際に手にとって操作してみれば、何ら難しいことはありませんので・・・、興味を持った方は、楽器屋さんに行って、実物を、実際に触って試してみてください(^^)

                 ←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |

copyright