ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME>2-1MTRの基本操作>2-1-1基本的なミックス処理

 2−1MTRの基本操作

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 2−1−2 基本的なミックス処理

 MTRを良く見ると各フェイダーの上にある、少し濃い目のグレーの丸いツマミ
(写真右に拡大図)が、あります。 これを、パンつまみPAN)と呼びます。。
 PANを使って、各トラックの音を左右に振り分けます。。
 ギターは右側から、ベースは真ん中から、ピアノは左斜め上側から、コーラスは右斜め上側から聴こえてくるように。。。と言う具合にです(^^)

 PAN操作で、音の位置(音の定位)の調整がすんだら・・・次に、録音した各トラックの音量を、各フェイダーを上げ下げ調整して決めます。
 ドラムとベースの音量は大きめ。。。ギターの音量は小さめ。。。ピアノはギターよりもやや音量を大きめに。。。と言う具合にです。

 各トラックの音の定位も、音量も決まったら、赤いマスター・フェイダーで全体の音量を調整します。

 実際は・・・これらの処理中に、各トラックの音質を調整したり、エフェクト処理をしたりするのですが、とりあえずその説明はここでは省略します(^^)

ここの時点で、とりあえず曲自体は完成です(^^)
しかし、まだやらなければいけない最終作業がのこっております(^^)


8〜16トラックまでの、9つのトラックにバラバラに録音されている音を、1トラックと2トラックの、二つのトラックにまとめる作業をやらなければなりません。



 最後に、これまで音量や音の位置等を調整した、8〜16トラックまでの音を、まだ何も録音されていないトラック。。。1トラックと2トラックの、ふたつのトラックに、全部まとめて録音(バウンス録音)します。

 バウンス録音とは、カセットMTRで言うところの「ピンポン録音」のことです。
 それでもピンとこない方の為に、もう少し説明してみると。。。まぁ・・・ビデオ等で、よくやる、テープからテープへ「ダビング」するのと意味合い的には同じことです。。。
 MTRに録音したいくつかのトラックの音を、別のトラックに、まとめてダビングすると言うような意味です。。。かえって解りにくいかも?(^^;


 1トラックと2トラックに、いままで録音した8〜16トラックの音を、全部まとめて録音すると。。。、1トラックと2トラックのみの再生だけで、今まで録音した音は全部聴けるようになります(^^)

 この・・・、今まで録音した全部のトラックの音を、パンやフェイダーで調整し(実際はエフェクト処理等もします)。。。1と2のふたつのトラックにまとめる(バウンス録音)する、最終的な作業のことを、ミックス・ダウンと言います。

 何故・・・、最後に、1と2トラックのふたつトラックにまとめるのか?
 それは・・・音楽を聴くCDプレイヤー等は、基本的に右と左のスピーカーで鳴らしますよね(^^)(現在は5.1ch)とかもありますが(^^;) 現在のほとんどのCDは右と左のスピーカーで再生するように音の振り分けをしております。。。。その為です。右と左に音を振り分けるために2トラックにまとめるのです。


ミックス・ダウン処理が終わった時点で、曲は完成ですヽ(´▽`)/

←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |

copyright