ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 1−3各機材の設定

 1-3 各機材の接続

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理


前のページで、宅録に必要な機材もわかったら、MTRにそれぞれ接続します。


この図は、前のページで説明した機材のみを接続したものです。

上図には、前ページで特に説明しなかった、モニター・スピーカーも接続してあります。

モニター・スピーカーとは、ヘッドホンではなくスピーカーから音を出して、録音した音をチェックする為のものです。

宅録で完成した音楽CDを、実際に聴く場合は、CDプレイヤーからスピーカーを通して聴く事が多いですので・・・、やはり、レコーディング中には、ヘッドホン・チェックだけではなく、モニター・スピーカーも使って、録音した音をチェックしていくことは大切なことです。

どうしても必要なものではありませんが・・・やはり、あったほうが良いです。

モニタースピーカーは、専用のスピーカーを、わざわざ買わなくても・・・CDプレイヤー等に付いているAUX(外部入力)端子に接続してもOKです。

 【注意】AUX端子は、安いCDラジカセ等には付いておりません(^^;




ここまでくれば、あとは、宅録を開始するだけです(^^)



【おまけ】
実際は、パソコンやシーケンサー類のデジタル機器とも当然接続出来ます(下図)

。。。見えにくくてすいません(^^;


←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright