ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 1−2必要な機材> 1−2−6 リズムマシン

 1-2 必要な機材

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1-2-6 リズムマシン

 音楽に、もっとも必要な要素・・・リズム。
 そのリズムを自動的に奏でてくれる機械がリズムマシン(写真右下)です 。
 簡単に言えば、この機械がドラムの代わりをやってくれるものです 。
 この機械にドラムのリズム・パターンを打ち込んでいき、ドラム演奏させるわけです。
 
写真は自分が現在使っているもの「YAMAHA RY30」です(写真汚くてすいません(^^;)。この機種は、現在は製造されておりません(^^;
 ハイハットの種類も多く、音の設定も細かくでき、なにより使いやすいので、ぜひともこの機種のバージョン・アップ版の再発売を、個人的には願っております(^^;

 宅録でリズムマシンを単体で使う方法は、最近あまり使われてないような気がします。現在はパソコン上のシーケンサー・ソフト使いリズムパターンを作っていくのが支流となっております(多分(^^;) 

 最近の単体でのリズムマシンは、BOSSやZOOM(メーカー名)のリズムマシンしか見かけません。。。ZOOM製品の機能を調べてみると、値段の安いものは、ハイハットなどは、オープンとクローズの2種類しかなく、音の強弱の設定も、パッドを叩いた強さで決まる等…ファジーな感じでしか設定できないようです。
 リズムマシンを買い換えようと思い、いろいろ探してみましたが、現在発売しているものの中には、自分が納得できるものは、見つけられませんでした(^^;


 もしリズムマシン購入を考えられている方は、いろいろと、よ〜く調べて買うことをお勧めします(^^)

 デジタルMTRにも、リズムマシンは内蔵されています。しかし内蔵されているリズムマシンは、細かなリズムパターンが作れないので、ほとんど自作曲のデモ的にしか使えません。

 次は、各機材のデジタルMTRへの接続について簡単に説明します。

                 ←前のページ次のページ→



    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright