ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 1−2必要な機材> 1−2−5 楽器

 1-2 必要な機材

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1-2-5 楽器

 多重録音に必要なものの紹介なのに、何故に、マイクスタンドよりも、楽器を後に紹介するのか(^^;。。。それは、楽器なんか弾けなくても、多重録音・・・いや・・・音楽は出来るからです(^^; 。手拍子に歌をのせるだけ・・・それでもリッパな音楽です。優れたアカペラ・グループ等は、歌のみで、まるでバンドでやってるかのように、素晴らしい音楽を聴かせてくれますよね(^^)
 まぁ・・・・・・関係ない話です。。。単に前置きの文章かせぎでした(^^;


 とりあえず・・・エレキ・ギターアコースティック・ギターベース・ギター。。。は、一般的な曲をやるには必要です。
 
。。。文章の書きようがありません(^^;



ピアノやストリングスを、曲に入れたいときには。。。ピアノやストリングスやブラス等のいろんな音がサンプリングされているキーボード(楽器屋さんでよく見かける2〜3万ぐらいの物でも、最近のものは十分に使えます)があれば十分にOKです(^^) 。
 もちろん・・・高価な良いものがあれば、それに越したこはありませんです。。。(^^;
 安いものを購入される時には、サンプリングされている音や種類を、良く聴いて確かめることをお勧めします(^^)



 あと、ハーモニカーハープ。。。タンバリンシェイカー等のパーカッション類も、リズムマシン等にサンプリングされているものを使うよりは、「生楽器」を使ってマイク録りしたほうが、格段に良い仕上がりになります。

まぁ・・・しかし・・・、「生楽器」を使うか使わないかは、演る楽曲の種類にもよるので、一概に「生楽器」が一番良いとは言えません。。。(^^)



 エレキ・ギターやベース・ギターの音を出すアンプは要らないの?と思う方がいるかもしれません。。。もちろんあるに越した事はありません。。。エレキ・ギターは、アンプから出る音を拾って録音するのが一番のベストだと思います。

 しかしデジタルMTRによる自宅録音では、必ずしも必要なものではありません。エフェクト内臓のデジタルMTRの、入力時のエフェクトには、必ずアンプ・シュミレーターも内蔵されております。それでも十分にOKです。

 単体のアンプ・シュミレーター等を、別に買って使えれば、なおベストです。

 実際…本物のアンプを通して、エレキ・ギター等をレコーディングするには、本格的にやろうとすると、アンプを置く位置マイクを向ける位置アンプからでるノイズ対策アンプの箱鳴りの音をとろうと思えば、マイクを表と裏に2台使ったり...etc。。。なかなか的確な位置が見つけられず・・・しかも自宅でやるには、非常に難しく面倒な作業になります。
 アンプを通して鳴る大きな音も、なかなか普通の家では出せませんし。。。(^^; 
 しかしそれも・・・アンプ・シュミレーターを使うと、何の苦労もなく、最適な状態で録音する事ができます(^^) 。

←前のページ次のページ→



    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright