ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 1−2必要な機材> 1−2−3マイクスタンド

 1-2 必要な機材

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1-2-3 マイクスタンド

 マイク・スタンド・・・これは、自宅録音には絶対に必要です。。。と言うか使わないと、大変に不便で作業効率が相当に悪くなります。途中で折れ曲がるブーム付きのものを使うほうが、用途もひろがり便利です。

 何故にそこまで必要か・・・ボーカル録りにはもちろん必要不可欠です。マイクを手に握って歌うと、マイクを握りしめるノイズは入るし、ボーカル・レベルが一定に録れず不安定になり、ミックス時に大変苦労します(^^;。
 そして、何より大切な理由は・・・アコースティックギターやタンバリン、シェイカー等を録る時の、マイクのセッティング位置を決める為に必要不可欠だからです。

 机にマイクを置いて録音(^^;・・・とか、適当な高さに、本を積みあげて、そこにマイクを置いて録音(^^;・・・とかでは、余計な振動のノイズが入ったり。。。なにより最適な音では録れません。(実は、自分は大昔・・・この方法でマイク録音してました(^^;)

 楽器や声が、一番良い音で録れる位置をさがして、マイクスタンドで、その位置を固定して録音します。

                 ←前のページ次のページ→



    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright