ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 1−2必要な機材> 1−2−2マイク

 1-2 必要な機材

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1-2-2 マイク

 マイクには、主に、ダイナミック・マイクコンデンサー・マイクという2種類あります。一般にギターアンプからの音を拾うのはダイナミック系。ボーカルやアコギの生音録りにはコンデンサー系というようなイメージがありますが。。。必ずしもそうでなければいけない…というような規則はありません。

 ギターアンプの音をコンデンサー系・マイクでとっても良いですし、ボーカルをダイナミック系のマイクで録っても何の問題もありません。
 あくまでも好みの問題…自由です(^^) 


■ダイナミック・マイク

 ダイナミックマイク(写真右)は、まぁ・・・普段良く見かけるダイナミックマイクマイクのことです(^^;。音的には分厚く芯のある音・・・あえて言えば中域の音をクッキリと拾います。
 酔っ払いのおじさんが、カラオケでガナリ声あげて歌っても壊れません(^^;。構造自体がシンプルなため丈夫に出来ております。


■コンデンサーマイク

 コンデンサー・マイク(写真下)は、最近は安いものもありますが、かなり高価なもの(^^;で、構造自体もデリケートになっているので、手入れや扱いも大切にしなくてはいけません(^^) 。  全体に音がクリアで中・高・低の広いレンジの音を拾い・・・表現が難しいですが・・・表情豊かな感じ?(^^;で音を拾います。
 ラジオ放送などで、アナウンサーが使ったりするのも、この種のマイクです。

 一般的に、ボーカル録りには、コンデンサー・マイクが絶対に必要・・・って感じもしますが、必ずしもそうではありません。ダイナミック系のマイクで、歌を録音しても何の問題もありません。
 コンデンサー系のマイクは繊細なニュアンスまでも録音できますが、シャウト系の、大きな声量で歌ったりする場合には、頑丈で大音量にも耐える(^^;…ダイナミック系マイクの方がおすすめだと思います。ライブとかで使用されるボーカル・マイクが、ほとんどダイナミック系マイクであるのも、多分その為だと思います(^^) 。


 いろいろ、自分の少ない知識での感覚的なマイクの違いを述べましたが(^^;。。。。まぁ…ハッキリ言って、近所の電気屋さんで売ってるようなカラオケ用のマイク(ダイナミック系)でも、宅録には十分にOKです(^^;。…と言うのも、デジタルMTRには入力時のエフェクトの中に、マイク・シュミレーションが内臓されており、普通の安物カラオケ・マイクでも、高価なコンデンサー・マイクの音にシュミレートして録音できるからです(^^) 。

 しかし、やはり、何と言っても・・・本物を使うのに越したことはありません(^^;

←前のページ次のページ→


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright