ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME> 1−1多重録音とは

 1−1 多重録音とは

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理


 多重録音とは書いて字のごとく。。。音を多く重ねていき録音していくことです(^^;

 音を重ねていく?

 簡単に言葉で説明してみると・・・、はじめに基本となるリズム(普通はドラム)を録音し・・・、次に、その録音されたドラムの音を聴きながらベース・ギターを録音・・・、次に、そのドラムとベース・ギターの録音された音を聴きながらギターを録音する・・・次にそれを聴きながら歌を録音する。。。と言うように、各楽器のパートをひとつひとつ録音していき、ひとつの楽曲を作り上げる。。。と言うことです。

 もちろんアカペラで歌を重ねていくことや、歌でなくとも、音を重ねて効果音を作っていくことも多重録音です。

 多重録音の方法は、これから先に説明していくデジタルMTRを使う方法のみが、すべてではありません。

どんな方法であれ・・・音を重ねていければ良いわけです(^^)
いろんな方法があります。

 次のページから、主な方法をあげていきます。 

←前のページ次のページ→

    




| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |

copyright