ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME>1−1多重録音とは>1−1−2 コンピューター(MIDI・シーケンス・ソフト)を使う方法

 ■ 1−1 多重録音とは

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1−1−3 パソコン(MIDI・シーケンス・ソフト)を使う方法

 現在の自宅録音では、支流ともなっている方法です。
 楽器がまったく出来なくても、優れた演奏を再現できます。
 簡単に説明すれば、MIDI・シーケンス・ソフトを使い、パソコンに演奏データを打ち込み、パソコンに自動演奏させて、曲を作り上げていくものです。
 MIDI・シーケンス・ソフトで、人気のものには、「Cubase」や「Singer Song Writer」(右写真)等があります。

Singer Song Writer Ver7のHPはこちら


   
 ギターの音(エレキ・ギターやアコースティック・ギター)は、残念ながらMIDI音源では、今のところ本物に程遠いかんじでしか再現できません。 
 ギターや歌のような生音を入れる為には、パソコンに取り込めるように、別にアナログ音をデジタルに変換させるオーディオ・インターフェイス(写真は前後の写真)が必要になります。

 コンピューターが、自動で演奏してくれるので、クオリティーの高い演奏が得られますが、人間の演奏する細かいニュアンスに近づける為には、データー入力に相当の手間と技術が必要となります。

 MIDIで作った基本的な演奏(ドラム、ピアノ、ストリングス等)を、MTRに録音し、それを元に、ギターやベースや歌を重ねていく・・・という方法も使われております。

 MIDI・シーケンス・ソフト使用による自宅レコーディングについて書きましたが、実は自分は、MIDIについての詳しいことはほとんどわかってません(^^;。
 上記の文面がおかしい場合は、大変に申し訳ありませんm(_ _)m




 現在、自宅録音で支流となっている方法は、このページで説明したMIDIソフトを使う方法と言えます・・・しかし、「この方法で録音しなくちゃ駄目です!!」。。。という法律も規則もありません(^^;

 もしも、これから多重録音をやってみたいと思っている方がいるならば、自分で演っていて、一番楽しく、自分が、やりやすそうな方法を選ぶことが、もっとも大切だと思います 。





 これから、自分流の多重録音の方法を説明していくわけですが・・・
自分の場合は、デジタルMTRを使った多重録音の方法をとっております。

 演奏した音をMTRに録音していくだけ…と言う点では、誰にでもわかりやすく、一番取り組みやすい方法かもしれません(^^)

 バンドでのデモテープの製作等には、もっとも適した方法だと思います。

 楽曲の、すべてのパートの演奏を楽しめる・・・人間の演奏するニュアンスを、簡単にストレートに出せる(演奏テクも必要となってきますが(^^;)と言う点でも、とことん楽曲を楽しめるレコーディングの方法だと思います。
←前のページ次のページ→

 

    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |

copyright