ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME>1−1多重録音とは>1−1−2 MTRを使う方法

 ■ 1−1 多重録音とは

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1−1−2 MTR(マルチ・トラック・レコーダー)を使う方法
 
 バンドや個人でのレコーディングをするには、最的な方法かと思います。
 MTR(マルチ・トラック・レコーダー)には、アナログデジタルのものがあり、具体的には・・・カセットテープに録音していくもの、MDに録音していくもの、ハードディスクに録音していくもの等があります。


■アナログMTR

 アナログMTRに代表される、カセットMTRは、今では1万円を切るものもありますが、
それは録音機の本体だけの値段であります。
実際には、入力時やミックス時のエフェクター等も買い足さなければ、ある程度の仕上がりのものは望めません。


■MDタイプのMTR
 MDに書き込むタイプのMTRは、カセットMTRがカセットテープに録音するように、MDに録音していく感じのものです。
 あんまり最近は見かけないので、多分現在はあまり普及されていないのかも?。。。ちょっと詳しくわかりません。。。すいません(^^;


■デジタルMTR

 デジタルMTRは、入力時やミキシング時のエフェクターが、すべて始めから内蔵されているものがほとんどです。
 難しいエフェクトの設定等も、始めからプリセットされてたりするので、スムーズにクオリティーの高い音が再現できます。
 また、値段にもよりますが・・・ミキサー等も、かなり充実しておりますので、細かい音質の設定も高価なミキサー等を買い足さずともMTRのみでも十分に対応できます。
 購入の為の金額の問題もありますが、これからMTRを買おうと思っている方には、自分的にはやはりデジタルMTR(ハードディスクに録音)を、おすすめします(^^)

 またデジタルMTRは、本体にCD-RWドライブを買い足し搭載させれば、作った曲を直接CD-Rに焼きこむことが出来、簡単に自作の音楽CDが作成出来るので大変に便利です。
 自分も、MTRにCD-RWドライブを接続させております(^^)
 もちろん、パソコンに接続してパソコンのCD-RWドライブでも同等のことは出来ます。
 自分の場合・・・接続設定が良く解らなく(^^;、チョットめんどくさそうなので、パソコンとMTRの接続はやっておりません(^^;

 デジタルMTRの詳しい説明は、後で行います。
←前のページ次のページ→

 

    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright