ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 

HOME>1−1多重録音とは>1−1−1カセットデッキを使う方法

 ■ 1−1 多重録音とは

********* INDEX *********


 はじめに

 第1章 概要

 1-1多重録音とは
  1-1-1カセットを使う方法
  1-1-2MTRを使う方法
  1-1-3パソコンを使う方法
 1-2必要な機材
  1-2-1デジタルMTR
  1-2-2マイク
  1-2-3マイクスタンド
  1-2-4ヘッドホン
  1-2-5楽器
  1-2-6リズムマシン
 1-3各機材の接続
 1-4完成までの流れ

 第2章 録音

 2-1MTRの基本操作
  2-1-1基本的な録音手順
  2-1-2基本的なミックス処理
  2-1-3ライティング処理
 2-2ボーカルの録音
 2-3生ギターの録音
 2-4パーカッションの録音

 第3章 ミキシング

 3-1エフェクター
 3-2ミキシング

 第4章 実践

 4-1課題曲
 4-2ドラムとガイド録音
 4-3ベースギター録音
 4-4エレキギター録音
 4-5キーボード録音
 4-6ボーカル録音
 4-7音の定位を設定
 4-8最終処理

 ■ 1−1−1カセットデッキを使う方法


 もっとも単純で簡単な方法と言えます。

 ひとつのカセットデッキに、まずひとつのパートを演奏し録音し、次にそれを再生しながら次の演奏を、もう一台のカセットデッキに録音していく…という多重録音の方法です。

 録音できるカセットデッキが2台あれば、すぐにでも出来ます(^^;

マイク入力端子のあるWカセットデッキで出来るものもありあます(^^)

 感覚的にわかるとは思いますが・・・この方法は、カセットテープに録音していき、音を重ねていくうちに、初めに録った音はどんどん聴こえなくなったり、音質が悪くなっていきます。
 また音を重ねた後での、初めに録った演奏のやり直しも不可能となります。

 ちなみに・・・自分が最初にやった多重録音法です(^^)


                 ←前のページ次のページ→

 

    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |

copyright