ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
作詞・作曲 : ジョージ・ハリスン
演奏・歌  : つぐりん

 聴く ( YouTube ) 
【コメント】
●アルバム「THE BEATLES(ホワイト・アルバム)」より。
●エリック・クラプトンをギターに招いてレコーディングされ、ジョージのビートルズ時代の傑作といえる作品に仕上がった。
●クラプトンのギター・サウンドはブルース色が強すぎたため...いわゆる”ビートルズっぽく”ギターにエフェクト処理がなされ仕上げられた。
【詩のイメージ】 
著作権関係で歌詞ではありません。自作のイメージ詞ですm(_ _)m

愛は人々の内で眠ったままらしい
僕のギターがすすり泣いている間も...
床に目をやれば...そこにはホコリが積もっている
僕のギターはひそやかにすすり泣く

 なぜ誰も君に教えなかったのだろう
 あふれる愛をほとばしらせる術を
 誰が...どう君を操っていたのか...
 君はだまされ利用されていた...

世界の営みはいつものように続いていく
僕のギターがすすり泣いている間も....
僕らは失敗を重ねながら物事を学んでいく
僕のギターがひそやかにすすり泣く間にも...

 (間 奏)

 何故そんなふうに変わり果てたのか
 堕ちるところまで堕ちた君
 どこでどう道を誤ったのだろう
 誰も君に注意をしなかったのかい...

愛は人々の内で眠ったままらしい
僕のギターがすすり泣いている間も...

あの人々を見てごらん...
僕のギターはひそやかにすすり泣く...