ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
WHEN I'M SIXTY-FOUR
作詞・作曲 : レノン・マッカートニー
演奏・歌  : つぐりん
 聴く (YouTube) 
【コメント】
●アルバム「SGT.PEPPERS LONELY HEARTS CLUB BAND」より。
●2006年6月18日に、ポールはこの曲の年齢になりました。。。(^^)
●ポールが、10代の頃すでにサビ部分以外は作っていた曲とか。。。
【詩のイメージ】 
著作権関係で歌詞ではありません。自作の曲のイメージ詞ですm(_ _)m
まだまだ先の話だけど... 歳をとって僕の髪が薄くなっても
バレンタインデーのプレゼントや
バースデーカードやワインを送ってくれるかい?

もし夜中の3時近くまで家に帰らなかったら
カギかけて 締め出しされちゃうかな?(^^;
僕を必要としてくれるかい? 僕に料理を作ってくれるかい?
僕が64歳になっても。。。

 君だって歳をとるんだよ。。。
 あの言葉を 僕に言ってくれるなら
 ずっと 君のそばにいれるんだけどなぁ・・・

僕は役にたつよ 電気が切れたらヒューズを直してあげる
君は暖炉のそばでセーターを編んでるといいよ
日曜の朝は ドライブに行こう

庭の手入れや 雑草ぬき... これ以上望めないほどだよ
僕を必要としてくれるかい? 僕に料理を作ってくれるかい?
僕が64歳になっても。。。


 毎年夏には ワイト島に別荘を借りよう!
 あんまり高くなければね・・・(^^;
 二人で節約してお金を貯めればいいよ
 そして・・・君の膝にはかわいい孫たち
 ヴェラにチャックにデイヴ・・・(^^)

カードにひと言添えてほしいんだ
君がどう思っているか知りたいから
君の本音を書いて・・・決してかしこまらずにね

素敵な返事が聞きたい 
「いつまでも僕のもの」って言って欲しいな
僕を必要としてくれるかい? 僕に料理を作ってくれるかい?
僕が64歳になっても。。。(^▽^/
































HOME