ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
SEXY SADIE
作詞・作曲 : レノン・マッカートニー
演奏・歌  : つぐりん

 聴く ( YouTube ) 

【コメント】
●アルバム「THE BEATLES(ホワイト・アルバム)」より。
●ビートルズは、マハリシ・ヨギが彼らのお金にしか興味がないと分かったことと...、瞑想コースに参加していた女性に性的な誘いかけをしたことに幻滅し、マハリシと決別してインドを後にした。
●はじめは、マハリシに対する怒りの気持ちをストレートに曲にしたものだったが、訴訟問題になるのを避ける為に曖昧な歌詞に書き換えて完成した。
【詩のイメージ】 
著作権関係で歌詞ではありません。自作のイメージ詞ですm(_ _)m

セクシー・セディ... なんてことをしたんだい
君はみんなを馬鹿にした 
君はみんなを馬鹿にした
セクシー・セディ... なんてことをしたんだい

セクシー・セディ... 君はルールを破った
臆面もなく これ見よがしに
臆面もなく これ見よがしに
セクシー・セディ... 君はルールを破った

ある晴れた日 世界が恋人の出現を待っていると...
彼女がみんなを目覚めさせるためにやってきた
セクシー・セディ... 最大の偶像

セクシー・セディ... どうしてわかったんだい
世界が待ち望んでいたのが君だってこと
世界が待ち望んでいたのが君だってこと
セクシー・セディ...どうしてわかったんだい

セクシー・セディ... そのうち報いを受けるよ
どれだけ大物のつもりでいようと
どれだけ大物のつもりでいようと
セクシー・セディ... そのうち報いを受けるよ

彼女と同じテーブルにつくだけのために
僕らは持っているものすべてを捧げた
彼女の笑顔ひとつですべてが明るくなった
セクシー・セディ... 偉大なる時代の寵児

みんなを馬鹿にした... セクシー・セディ
どれだけ大物のつもりでいようと... セクシー・セディ