ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
MAXWELL'S SILVER HAMMER
作詞・作曲 : レノン・マッカートニー
演奏・歌  : つぐりん

 聴く ( YouTube ) 

【コメント】
●アルバム「ABBEY ROAD」より。
●歌詞の内容に反し、ほのぼのとした雰囲気で曲は仕上げられている。
●映画「LET IT BE」では、この曲のリハーサル・シーンが見られる。
【詩のイメージ】 
著作権関係で歌詞ではありません。自作のイメージ詞ですm(_ _)m

ジョウンは変わった娘で...空想科学の研究をしていた
夜更けまでたったひとりで試験管とにらめっこ...
医学部のマックスウェル・エディスゥンが彼女に電話をかけた
『映画を見に行かないかジョウン』
でも彼女が出かける準備をしていると
ドアにノックの音がして...

ガン ガン マックスウェルの銀のハンマーが彼女の脳天に振り下ろされた
ゴン ゴン マックスウェルの銀のハンマーが彼女の息の根を完全に止めた

なにくわぬ顔で登校したマックスウェルはいつものごとくふざけ放題...
困り果てた女教師は面度が起きないようにと心の中で祈る
女教師に言われて放課後の教室にのこったマックスウェルは
『反省します...』と50回書かされる
でも女教師が後ろを振り向いたすきに
彼が背後から忍び寄り...

ガン ガン マックスウェルの銀のハンマーが彼女の脳天に振り下ろされた
ゴン ゴン マックスウェルの銀のハンマーが彼女の息の根を完全に止めた

警官31号が言った 『大悪党を捕まえました!』
マックスウェルはひとり被告席に立ち 彼の異常さを証拠づける絵を描く
ローズとヴァラリーが傍聴席から叫ぶ 『無罪放免にするべきよ!!』
裁判官は同意せず その旨を彼女らに伝える
でも...彼が言い終わるか終わらないかのうちに
背後で奇妙な音がして...

ガン ガン マックスウェルの銀のハンマーが彼の脳天に振り下ろされた
ゴン ゴン マックスウェルの銀のハンマーが彼の根を完全に止めた

銀のハンマーの男