ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
FOR NO ONE
作詞・作曲 : レノン/マッカートニー
演奏・歌  : つぐりん

聴く ( YouTube )

【コメント】
●アルバム「REVOLVER」に収録。
●レコーディングに参加したメンバーは、パーカッションを担当したリンゴと、ピアノ、ベース、ボーカルを担当したポールの二人のみで、フレンチホルンのソロはロンドン交響楽団のアラン・シヴィル
●ポールお得意の、第三者視点の歌詞をクラッシク風アレンジにのせた曲。
【詩のイメージ】 
著作権の関係で歌詞ではありません。自作の曲のイメージ詞ですm(_ _)m

 夜が明け 君の心は痛む
 彼女の優しい言葉が まだ心からはなれない
 もう彼女は 君を必要としてないのに

 彼女は目を覚まし 化粧をはじめる
 自分のペースでゆっくりと...急ぐことはない
 もう彼女は 君を必要としていないんだ

* 彼女の瞳には何も映っていない
 誰の為ともなく流された涙の裏には
 愛のかけらも見当たらない
 何年も続くはずの愛だったのに...

 君は彼女を求めている 必要としている
 まだ君は信じようとしない 愛は消えた...という彼女の言葉を
 今も彼女には自分が必要だと思っている

 (間 奏) (* くりかえし)

 君は家に残り 彼女は家を出ていく
 そして彼女は言う...
 「昔、ある男を知っていたけど...もう今はいないわ」
 もう彼女は 彼を必要としない...

 夜が明け 君の心は痛む
 いずれ 彼女の言葉で頭がいっぱいになるだろう
 君には彼女を忘れられない

 (* くりかえし)