ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
→ ビートルズヒストリー
HOME>ビートルズ ヒストーリー 


 INDEX

 はじめに

 1962
 1963 前半
 1963 後半
 1964 前半
 1964 後半
 1965 前半
 1965 後半
 1966 前半
 1966 後半
 1967 前半
 1967 後半
 1968 前半
 1968 後半
 1969 前半
 1969 後半
 1970

 おわりに

1963
 1月〜6月
シングル「PLEASE PLEASE ME / ASK ME WHY」発売 (1/11)
・アルバム『PLEASE PLEASE ME』発売 (3/22)
シングル「FROM ME TO YOU / THANK YOU GIRL」発売 (4/12)

 初のNo.1ヒット・ソング

ウインブルドン
 1963年の幕開けとほぼ同時に発売されたセカンド・シングル「PLEASE PLEASE ME/ASK ME WHY」は、その発売35日後の2月15日には、ヒット・チャートのトップの座に到達した(『NME』紙のチャートによる)。
 ビートルズは、まさにこの日から、出す曲出す曲を世界のNo.1ヒット・ソングにしてしまうモンスター・バンドへと成長していくのである。

 ちなみに、「The Beatles」とバスドラにロゴを入れた、ラディック製のドラムセットを、リンゴが購入したのは、この年の1月31日である。
 このリンゴの選んだドラムが、ポールのバイオリン・ベース、ジョンのリッケンバッカー325、ジョージのグレッチやリッケンバッカー360-12(12弦ギター)と共に、初期ビートルズのトレード・マークの楽器となったのは周知の事実である。


 ジェリー・ビーンズが好き

合同ツアー 3月22日にはアルバムPLEASE PLEASE MEを発売。
 このアルバムは、次に発売されるビートルズのセカンドアルバムにその座を明け渡すまで、実に30週間(約8ヶ月)にも渡りイギリスのアルバムチャートのNo.1の座を独占し続けた。
 リバプール・サウンドと言う言葉が使われだしたのも、この頃の事である。

 5月18日〜6月9日に行われた、ロイ・オービソンゲーリー&ザ・ペースメーカーズとのイギリス合同ツアーでは、ビートルズがコンサートのメイン・バンドとなり、入場券にプレミアがつくほどになり、ホテルや会場はどこへ行っても大混乱の連続となった。
 このツアー中に、ジョージがうっかり『ジェリー・ビーンズが好き』と発言したために、その後のステージからは無数のジェリー・ビーンズが投げ込まれるようになった(^^;


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright