ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 
HOME>ビートルズ誕生ヒストリー>
page top>1>2>3>4>5>6>7>8>9>10>11>12>13>14>last

10.ブライアン・エプスタインの戦略

 プレスリーを越える・・・

 エプスタインは、ビートルズがプレスリーを越えるアーチストになれると確信していた。

 彼は、プレスリーのマネージャーパーカー大佐のやり方を徹底的に研究・分析した。

 聴くだけ・聴かせるだけではダメだ。何よりも視覚に訴えなければならない・・・。

 彼はビートルズの舞台衣装や舞台マナーに最も神経を使った。舞台上での喫煙・飲食(^^;を禁止させ、マッシュルーム・カットにスーツにネクタイを採用したのも、このためであった。

 彼は、ビートルズに、皮ジャンに細めのジーンズそして黒のロング・ブーツをやめさせ、洗練されたスマートなグループへと徐々に変えていった。
 また、演奏時間を10曲30分以内に収め、ベスト・ナンバーのみを演奏する事にした。
 4人は、はじめのうちは抵抗したが、より上を目指す為には、ブライアンにみずからの運命をゆだねるしかなかった。

 4人がもっとも気にしていた、サウンド・演奏スタイルに関しては、変える必要はないとした。

 ビートルズのマネージャーブライアン・エプスタインは、ビートルズをスマートに変身させ…
あとはただチャンスをつかむだけ」という信念の元に積極的にバンドの売込みを行っていく。


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright