ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
 
HOME>ビートルズ誕生ヒストリー>
page top>1>2>3>4>5>6>7>8>9>10>11>12>13>14>last

7.ドイツのハンブルグへ

 毎日8時間のステージ

 ジョン、ポール、ジョージ、スチュ、ピートの5人となったビートルズは、リバプールのナイトクラブの経営者アラン・ウイリアムズの斡旋で、’60年8月16日からドイツのハンブルグへ行く事になる。

 彼らは、ハンブルグの、”インドラ・クラブ”で、1週間に7日(つまり毎日(^^;)、1日8時間の演奏をする事となる。
 しかし2ヵ月後に”インドラ・クラブ”は閉鎖され、ビートルズは”カイザー・ケラー”に出演する事となる。
 ビートルズの人気は日増しに上がっていった。中でも、ポールが一番の人気だったという。

 カイザー・ケラーには、ビートルズの他に、ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズが出演していた。このバンドのドラマーこそが、後にビートルズのドラマーとなるリンゴ・スターである。
 リンゴはビートルズのステージをいつも見ており、ビートルズとリンゴは、この時期に初めて出会うこととなる。

 『18歳未満は夜間のクラブへの立ち入りを禁止する』という法律を破っていた当時17歳のジョージが、国外退去を命じられリバプールに戻る。
 カイザー・ケラーよりも格上の”トップ・テン”での出演が決まっていた彼らであったが、’60年の11月にポールとピートが、寝泊りしていた映画館の屋根裏でボヤ騒ぎを起こし、彼らが労働許可書を持ってなかったことが発覚(^^;。。。国外退去処分となり、リバプールへ戻る。。。

 やがて、ジョンもスチュもリバプールへと戻ることとなる。
 憧れの”トップ・テン”での彼らの演奏は、たった一晩だけで終わってしまった。


    


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright