ホーム /メインメニュー プレゼント 自己紹介 日記 掲示板 リンク
  HOME> THE BEATLES
多重録音ぱらだいすに戻る

THE BEATLES

WHITE ALBUM

英国発売 1968年 11月22日
日本発売 1969年  1月21日

■ばらばらのメンバー

初めての2枚組みアルバムで、通称『ホワイト・アルバム』と呼ばれている。
とにかく、このアルバムのレコーディングの時期の4人の仲は最悪だったといわれている。。。リンゴは「ビートルズを抜ける」と言ってスタジオを飛び出すし(【DISK1】@ではリンゴ不参加ドラムはポール)。。。4人がバラバラにスタジオを使いレコーディングしていたほどであった。。。プロデューサーのジョージ・マーティンさえも4人に愛想を尽かし、プロデュースを新人のクリス・トーマスに任せ、休暇をとってしまったほど。
したがって前作までに見られた楽曲のトータル性は、このアルバムにはない。フォークあり、カントリーありロックあり。。。それぞれの曲で4人の個性が際立ちそれぞれの曲が独立している。。。しかし、その一貫性のなさが、逆にアルバムを独特のものにしており、かえって、そのいろんな要素ごった煮のカオス状態が、このアルバムを独特なトータル的なものにしているとさえ感じてしまう(^^;
しかし、ホントに仲が悪かったのかと思えるほど、このアルバムは、素晴らしい曲の集まりである。インドでギター一本で作った曲が多かったこともあるのか、アコースティックなアレンジのナンバーも多くみられる。

■ジョンの世界

このアルバムで、特質すべき曲のひとつに、【disk2】KREVOLUTION 9がある。
初めてこの曲を聴いた時には、はっきり言って「こりゃ何じゃぁぁぁ!!」状態だった。
飛ばし対象の曲であったし(飛ばしていた理由は、夜には怖くて聴けなかったという理由もあったが(^^;)。。。
このジョンの作り出した「革命の世界」とは一体なんだったのだろうか。
ジョージ・マーティンは、この曲をアルバムに入れることを反対していたが、ジョンは収録することに執着した。
結果的に、この曲がこのアルバムに収録されていることが良かったのか悪かったのかはわからないが・・・少なくともこの曲が、このアルバムにどっしりと根を下ろしているというだけで、このアルバムが他のアルバムと一線をかく、独特の重みをもったものになっていることは確かだと言える。

■ジョン(ボーカル、ギター、ベース、ピアノ、オルガン、パーカッション、サックス、ハーモニューム…他)■ポール(ボーカル、ベース、ギター、ピアノ、パーカッション、ドラム、オルガン…他)■ジョージ(ボーカル、ギター、オルガン、パーカッション)■リンゴ(ボーカル、ドラム、パーカッション、ピアノ)■エリック・クランプトン(ギター)■マル・エバンス■オノ・ヨーコ■クリス・トーマス■パティー・ハリスン…他

●プロデューサー:ジョージ・マーティン



【DISC1】
@BACK IN THE U.S.S.R. 
ADEAR PRUDENCE
BGLASS ONION 
COB-LA-DI,OB-LA-DA
DWILD HONEY PIE
ETHE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL
FWHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
GHAPPINESS IS AWARM GUN

HMARTHA MY DEAR 
II'M SO TIRED
JBLACKBIRD 
KPIGGIES 
LROCKY RACCOON 
MDON'T PASS ME BY
NWHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD?
OI WILL 
PJULIA

【DISC2】
@BIRTHDAY 
AYER BLUES 
BMOTHERNATURE'S SON
CEVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY
DSEXY SADIE 
EHELTER SKELTER
FLONG LONG LONG

GREVOLUTION 1 
HHONEY PIE
ISAVOY TRUFFLE 
JCRY BABY CRY
KREVOLUTION 9 
LGOOD NIGHT


    

多重録音ぱらだいす!に戻る


| サイトについて | | サイトマップ | | 参考文献 |


copyright